オナニーと健康の関連性について

オナニーのやり過ぎは危険なの?

よくネットでオナニーのやり過ぎは危険!というような記事が出てますよね。
でもそれって本当の話なのでしょうか。
自分は毎日オナニーしているから健康に悪いんだ…と不安になる前に
オナニーと健康の関連性について知ることが大事です。
そこで今回は上記のテーマをまとめてコラムにしています。
これを読めばオナニーについて正しい知識が身につくはず。
ちなみに筆者の私は好みのエロ動画を簡単に探せるサイト
毎日のようにエロ動画を見ながらオナニーしています。
もし興味がある人はリンク先に行ってエロ動画を見てみましょう。

・アナタがオナニーする目的って?
オナニーする目的といえば単純に性欲解消ですよね。
でも心理学的には別の意味もあるんです。
オナニーすることで自我の形成に重要な役割を果たすといわれています。
思春期から大人になるためには欠かせない行為ということでしょうね。
また、本番に向けての練習行為ともいえるので
オナニーして後ろめたい気持ちになる必要なんてないんです。
・がん予防になる
とある研究によると週5回以上オナニーしている男性は
していない男性に比べて前立腺ガンを発症する可能性が低いといわれています。
さらに定期的に射精をすることで前立腺の血流が良くなります。
そのため、動脈硬化予防にも繋がりEDを予防することもできます。
・オナニーすれば長生きできる
セックスはすればするほど長生きできるという研究結果が出ていますが、
最近の研究ではオナニーにも同じ効果があるといわれています。
男女が直接的に関わり合うセックスと自分一人でするオナニーによる射精も
同じであるといえますね。
今回はオナニーと健康の関連性についてご紹介しましたが、如何でしたか。
ついついオナニーしてしまって後ろめたい気持ちになる人も多いかもしれませんが
これからは胸を張ってオナニーしちゃいましょう。